スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力発電所で働く皆さまへ暑中見舞いを書いたよ

 Facebookでこんな呼びかけを教えてもらいました。

「ご賛同頂ける方「拡散」をお願いいたします。
今一度、福島原発で働いている方々のことを考えてはみませんか。
現在も高い放射能と過酷な暑さの中、
私達の生活を守る為に懸命に
働かれている方々がいます。」

th_IMG_0001_2.jpg  

「震災直後から半年間の間は全国の方が応援のお手紙を送ってくれま
した。
私も震災後の当時、発電所に泊まり込み、
食事も悲惨で寝る場所も
いつも床だった頃、
廊下に張り出された応援のお手紙に目がしらを
熱くして、
世の中応援してくれる人達がいる。

辛いけど頑張らなくてはいけないと仕事をしていました。」

th_IMG_0002.jpg 

特に印象深いのが子供が拙い絵と字で手紙を書いてくれたことです

その子達が福島の子供達だったのが更に心に強く響きました。

th_IMG_0003.jpg 

「前回も書きましたが、今はそういった応援のお手紙も届くことは極
稀です。
私達、外にいる人間はそれぞれの経済状況により物資の支援も難し
いです。
現場の労働環境を変える力もありません。
しかし、彼らの心を温かくすることは出来ます。」

th_IMG_0005_2.jpg  

「どうか皆さんのお力を貸してください。

暑中見舞いのお手紙を送りませんか。

宛先は下記になります。

〒979-0695
福島県双葉郡楢葉町大字波倉字小浜作12番地
福島第二原子力発電所宛
福島第一、福島第二原子力発電所で働く皆さまへ」

th_IMG_0006_20130718080917.jpg  

「前回は発電所で大きな反響があり、
今も応援してくれる人達がいる
ことに勇気づけられたとの連絡を受けました。
是非ご賛同頂ける方は、シェア及び暑中見舞いのお手紙をお願いいたします。

また、団体の方や経済力のある方は日本郵便にて
熱中症対策に有効
な、塩飴や清涼飲料水等を
送ってくださる
と現地の人間達は大変喜
んでくれると思います。」

imgres_20130718081507.jpeg   images_20130718081508.jpeg 


「暑中お見舞い申し上げます。

お暑い中、今も私達の電気のために
毎日勤務してくださって ありがとうございます。

私はいつも、被災地のお父さんお母さんたちの事を考えます。
自然エネルギーが原発と同規模の国家プロジェクトになって
原発に従事しているお父さんお母さん達みんなが
自然エネルギーの会社に転職できる未来を作りたいです。

これから未来を作る世代が、きっと原発をきれいにします。
今は、お父さんお母さんたちにありがとう。

神奈川県 齋藤圭子



宛名に ふくしまだいにげんしりょくはつでんしょ。。。と字を書く時、
私は手が震えた。
被災地の人を応援したいと、消費活動をしたり、ボランティア活動をしたり
物資を送ったり、自然エネルギー推進に賛同して来たけれど、その前に、

なぜ葉書一枚も書かなかっただろう?わたしは。。。

涙がにじんだ。
ふくしまだいにげんしりょくはつでんしょ と文字を書いて初めて、
被災地の皆さんを自分の親戚のように、家族のように、感じた自分を恥じて。

それは植物人間になった家族のために、
入院費を稼ぎ、延命治療をし、病院システムの改革にいそしんでも、
その患者本人に話しかけるのを忘れていたのと同じだ、と思った。

この訴えをしてくれたのは岩城氏在住のAkihiro Yoshikawaさん。
FBでシェアさせていただいた情報なので
どのようなお立場の方なのか分からなかったけれど

th_IMG_0008_2.jpg 

Yohsikawaさん、
私に気づかせてくれて、教えてくれて、どうもありがとう。

th_IMG_0009.jpg 

過去記事 「皆さん教えて下さい:被災地の食べ物を買う?買わない?」

関連記事

コメントの投稿

Secret

最近のにっき
更新した日
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
にっきのまとめ
過去のにっき
twitter
RSSとかそういうやつ
ブロ友って何か知らないけど

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。