嫌いな英語第3位

images_20111214003257.jpg

つい毒舌のほうが筆が乗る齋藤圭子。。。
いかんね。自分の中身が、賞賛より否定に傾いているのは、
美しくなくて反省。
でも嫌いな英語3位から1位まで、
長過ぎると思ったので一個づつ紹介します。


嫌いな英語 第3位 I gotta go.

「私は行かなくてはならない」→「I have got to go.」 
のスラング発音&表記。

会話ではアイ、もほとんど発音せず、「ガタゴー」、となります。
これをリズム良く言うと、
さも私は忙しい予定で埋まっていて、
残念だけれどケツカッチンだからもう行くよ、みたいなニュアンスになる。
そしてアメリカ人は自分は人気者で沢山のパーティに呼ばれているんだ、
みたいな証明を日々アピールしないと友達も出来ないという異常社会なので、
まあ用事なんてねー高校生まで、
「well, gotta go.」とかゆーんだな。

images_20111214003508.jpg

「行かなくてはならない」
と言う程の本当の用事があるのは
英語圏内でスティーブ・ジョブスく
らいで、
他のほとんどの凡人に「がたごー」、
なんてリズム良く言うほどの
ごたいそうな用事なんてない。
忙しそうに歩くニューヨーかきどりの凡人の多くが、
本当はそんなに急がなければいけない事など持っていない。
がたごー、と言われると、
「どーぞ、
あなたがいなくなっても全く困らないので早く行けば」と思ってしまう。

images_20111214004951.jpg

私は gatta go とは絶対言わない。
若いアメリカ人と話している時々出ちゃうけど、
言った後必ず あーーっ言っちゃった、
バカなアメリカ人みたい、と思って自分を恥じる。

私はなるたけ、品位を持って微笑んで
「I'm afraid I must be going now.」とか、
英語を話していても心は茶道の精神で、
「おいとまします」みたいなエレガントな言い回しを心がけている。
「ネイティブみたいな英語を喋る事」になんか興味がないので
(→アメリカの平均国民と同等になんかなりたくないので)、
通常の生活では使わないイギリス貴族みたいな言い回しを、わざと使う。

images_20111214003732.jpg

青山のレストラン「レ・クリスタリーヌ」でフォークを落とした時に、
フランス人のウェイターに
「 Ecxcusez-moi.  May I have a new folk.」とにっこり。
落ちたフォークを
一切見ずにフランス人ウェイターに拾わせた時、
同席していた国連UNHCR事務局長に
「発音も態度も高慢なイギリス人みたいだ。」
と言われ、
ふむ、狙ってる路線が効を成して来たな、と悦に入った物だった。

皆さんもアメリカ人に「gotta go」と言われたら、
「お前ごとき小動物に、急ぎの用の何があるねん。」
と心の中でつっこむ事を忘れずに。


どんだけアメリカ人の事嫌いやねん。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
と自分でも思いますね(^^;)
関連記事

コメントの投稿

Secret

いいね~

圭子さんのこの角度からの筆が大好き。 

ウンウンそのとおり~と頷きながら私、何回もクスっと笑ってしまいましたよ。

今後も期待してます~v-354

さくらさんへ

いや、賞賛やココロ温まる筆を高めたいです。
日々修行です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
最近のにっき
更新した日
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
にっきのまとめ
過去のにっき
twitter
RSSとかそういうやつ
ブロ友って何か知らないけど

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索