スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福度指数1位の国は

イギリスの環境保護団体Friends of the Earthが独自の指針で測っている
世界の国々の幸福度指数ランキング。

①平均寿命、②生活満足度、③生態系フットプリントの3つで計算しているそうで、
途上国のマングローブを破壊してまで、
海老を食べてる日本の幸福が高い、とは算出しないらしい。

対象国178カ国の中で、日本が95位、アメリカは110位。
その2006年調査の1位がおもしろかった。

1位、バヌアツ共和国。

どこそれ?て感じで私は知らなかった。
そしてバヌアツ共和国を1位にしたこのランキングの算出方法が面白い、
とちょっと興味を持った。

JICAシニアボランティアとしてバヌアツの商工会議所(! 一応あるらしい)
に派遣されていた日本人、白鳥貞夫さんによると、
バヌアツは国民の7割が電気もない原始の暮らしをしている最貧国。
95%の国民は、いまだ貨幣価値の外で生きているらしい。
天然の食料に恵まれて、飢える心配は全くない。
伝統衣装は裸同然。
ほんの40年前まで食人の風習が残っていたという。
住居も天然素材で間に合うので、貨幣が無くても何も困ることがない。

しかしさすがの桃源郷バヌアツにも貨幣経済に巻き込まれつつあるらしく、
国際社会が、あなたたち途上国ですね、可愛そうですね、で
援助の手を入れて学校なんか始めちゃうと、
教育の義務化で父兄に金銭的負担が生じ、
現金収入を得るために都市部への出稼ぎが村落に波及。
村の暮らし方にもオカネが不可欠になってきたらしい。
いったんオカネの匂いをかげばもっと欲しくなるのは誰でも同じ。

2006年で1位だったバヌアツは、2009年の調査ではランクインされていない。
2006年が対象国176カ国、
2009年が145カ国だから対象国の選び方が変わったのだろう。

でもイギリスが勝手に選んだ国の中だけで1番を決める事に
なんぼの価値があるのかはよーわからんし
幸せの国ブータンが2006年13位、2009年17位というのも
イギリス環境団体の算出方だなーという偏見はちょっと感じられる。
(ブータンの国民総幸福度というのは世界中から尊敬されているけれど、
イギリスからはブータン=共産党の残り香のある危険な国、
という意識も根強いのでイギリスの環境団体は辛口でランク付けしそうだから。)

柏市国際交流協会の会報誌vol.224に載っていた
JICAシニアボランティア白鳥さんからの
バヌアツ情報が面白かったので記録としてメモしてみた。

ウィキペディアの「地球幸福度指数」はこちらです。





にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ

関連記事

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

Secret

最近のにっき
更新した日
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
にっきのまとめ
過去のにっき
twitter
RSSとかそういうやつ
ブロ友って何か知らないけど

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。