スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きな職場2

th_R0012587.jpg
(職場から見える夕焼けが、大好きでした。)

千葉市国際交流協会の皆さま

齋藤圭子です。
在勤中は大変お世話になりました。

th_R0012586.jpg

弓削田さん、泉水さん、増岡さん
いつもお優しくて、
皆様の様な上司の元で働けた事、
感謝しています。

th_R0012629.jpg 

いつも人一倍熱心に日本語を勉強して、業務に当たっていた中国人スタッフの青島さん
全体を見て気遣ってくれた李さん
イベントをコツコツと遂行してくれた広田さん柿沼さん

th_R0012589_20120814144050.jpg

タニアさんや大塚さんが当たり前のように残業をして
多くの外国人を
仕事の枠を超えて助
けている時

th_R0012596.jpg

渡辺さんや小島さんが、沢山のファイルから魔法の様に
外国人支援の情報を取り
だすたびに

th_R0012629.jpg

皆さんの働きぶりを見て
私はふいに
涙が出る様な気持になる事がありました。

自分がアメリカに居た時、こんな場所があったら、
どんなに有り難かっただろう、と思ったからです。

th_R0012589_20120814144050.jpg
 
私は15歳で一人でアメリカに行って
寂しくて辛い時もありました。
でも女手一つで娘を留学させてくれた母の手前、
寂しいとか帰りたいとか国際電話で親に言う事は出来ませんでした。

あの頃この協会のように助けてくれる場所があったら
どれだけ留学生の私は嬉しかっただろうと思います。

th_R0012722.jpg  
齋藤圭子が協会に残したイラストその1

ここに来る外国人達が、どれだけ助かっているか
私は自分の事のように良く分かります。

言葉も通じない
まだ友達もいない外国で、
無償で、彼らの立場に立って話しを聞いてくれるこの協会は
外国人にとって本当にありがたい場所です。

th_R0012727_20120814144512.jpg
教会のチラシに使われた齋藤圭子のイラストその2

協会にインターンで来た野口さんは、
高校生の時ボランティアで中国人に日本語を教え、
それがきっかけで中国に留学し、
またインターンとして協会に働きに来た事に、
本当に運命を感じるし、感謝していると言っていました。

th_R0012731.jpg
協会に残っている齋藤圭子のイラストその3

かつて協会からの派遣生としてヒューストンを表敬訪問した高校生も、
社会人になってからボランティアに来てくれて、
協会の事業に参加した事が、
人生の要になったと言っていました。

彼らが協会に感謝している気持ちが、私は良く分かります。
私も彼らと同じだからです。
 
th_R0012703.jpg

18歳で日本に帰って来てから、
私は協会でのボランティアを通じ、
沢山の国に友達を作れて、
その体験は、私の感性となり、仕事にもなって、
TV局での企画や、本の出版にも繋がりました。

img_orea_01.gif

外国に住む気持ちも、
母国で外国人を助ける気持ちも分かるから、
教会のPR漫画を描いて、
千葉市芸術文化新人賞奨励賞も頂くことも出来ました。

th_R0010968_20120814145703.jpg

協会で得た体験は、私の宝物です。

 
千葉市国際交流協会に感謝している人は、
千葉内外に、そして世界中の国に、いっぱいいっぱい居ると思います。

th_R0012753.jpg
齋藤圭子のイラストその4

困っている人がいたら、
いつもこっそり、
決して他の職員には気付かれないように
助けてあげている三原さん 矢島さん

自分の仕事が終わった後、善意で残って、
一市民として日本語を教えるボランティアをしている鈴木さん。

中国人市民から相談があったら
プライベートの時間をけずってまで
全員分面倒見ている葉さん、
福井さん。

私は皆さんの仕事を、誇りに思います。

日本の都市の、どこにでもある国際交流協会で

こういう仕事をしている人達がいるからこそ

日本は震災の後、

これだけ世界中から支えられる国になっているのだと思います。


th_R0012762.jpg

 
人が人を助けようという気持ちで溢れている、
この職場が大好きです。
皆さんから頂いたエネルギーを糧に、
今後もずっと国際ボランティアを続けてゆきます。

th_R0012754.jpg  

また遊びに行かせてください。
それまで皆様も


どうぞお元気で。


齋藤圭子
 
th_R0012733.jpg  
 

という訳で齋藤圭子は千葉を離れました。
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
次回からは横須賀ブログです。


大好きな職場1はこちら!(^^)
 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

幸福というものは

th_R0013380.jpg

「幸福というものは

ささやかなもので、
そのささやかなものを愛する人が、
本当の幸福をつかむ。」

という亀井勝一郎さんの言葉が好きで、
好きな格言としてノートに書き留めている。

th_R0013465.jpg

2012年この4月から、
生まれ故郷の横須賀にUターン引っ越してから齋藤圭子は本当に幸せで、
横須賀が好きすぎて
その街に今住めている事に感謝しすぎて死ぬるとか思っていた。

モラロジーの冊子で皆に好かれているおばあちゃんの話しを読んだ事がある。
そのおばあちゃんは自分の息子達ばかりかその嫁達からも大人気で、
「ずっとうちに居て下さい」と全ての家から言われるので、
3ヶ月毎に孫家族の家を転々としながら、
みんなと暮らしているそうだ。
そのおばあちゃんの口癖は
「ああ、私は幸せ!」だそうだ。

そういうおばあちゃまは、
確かに皆から好かれるに違いない、と自然にイメージ出来た。

th_R0013059.jpg
太伯 in 横須賀の我が家の庭

インドで知り合った素敵な女の子、
あやちゃんの彼氏は、ある企業で売り上げトップの、
日本全国でも有名な営業さんで、
彼の口癖は
「幸せだなあ。」
「ありがたないなあ。」
なのだそうだ。

そういう人は、
性別の関係なくまわりからも支えられ、
良き運命へと自然に流れて行けるのだろうと、想像に難くなかった。

th_R0013186.jpg
太伯 at 横須賀の踏切

マスコミで働いていた時は、
「幸せだなあ」「ありがたいなあ」と言うのが口癖の
男性になんか、会った事がなかった。
そんな言葉が口癖の男性がこの世にいる事も知らなかったし
出会う機運にさえ恵まれなかった。
お金持ちで六本木ヒルズに住んで外車に乗って
私にハイヒールをプレゼントしてくれる男性なら沢山いたけれど。

th_R0013483.jpg
太伯 at どぶいた通り

でも横須賀に引っ越してビーチサンダルで街を歩いているだけで幸せで、
なんでもない商店街の景色を見渡すだけで
勝手に顔がニコニコしてきてしまうので、
誰に言われるまでもなく自然に、
私の中から
「幸せだなあ」という言葉が口をついて出た。

太伯とふたり、横須賀の色んな所を散歩する。

「あー幸せだねえ。」
「私ずっと、太伯とこんな風に横須賀を散歩したかった。」
「幸せだねえ。」

そんな風に会話しながら歩いていると、
すれ違う人もみんなニコニコと、私と太伯を見てくれる。

th_R0013196.jpg
太伯 who 屋台のかき氷を盗む寸前

休みの日に家で太伯とふたり、
朝日が当たるお台所で、浅漬けを作っていた。
まな板でお野菜をきざんで、杉の樽につけこむ。
傍らでニコニコ見ている太伯に、いつもの様に話しかけた。

「あー幸せだねえ。」
「私ずっと、こんな風に丁寧に、
太伯と横須賀で暮らしたかった。」

th_R0013107.jpg
樽富さんの杉の桶。10年愛用中。

その時亀井さんの言葉を思い出して
「そうだ太伯、亀井勝一郎さんの言葉でね、こんなのがあるよ。
幸福とは、
ささやかなもので・・・・」

言いかけた時
私は誰かに背中をぐっと押されたように
前につんのめって
「・・・・・っ。」
喉が詰まって言葉が震えた。

「・・・その、ささやかなものを、愛する者が・・・」

浅漬けを作りながら泣く女。
軽くキチガイであるが

th_R0013108.jpg

亀井さんの言葉が「今」にぴったりで
言葉が染み入り過ぎて震えた。

太伯に教えてあげたかったから頑張って最後まで言った。

「・・・本当の幸福を掴む。・・・んだって。。。」

泣きながらしみじみ、複雑な事を思った。

なぜ、

このささやかな幸福を掴むために、こんなに遠回りしただろう?

th_R0013109.jpg

放送作家時代は、なぜ、この本当の意味に気付かなかったろう?

そして自分の家族に対しても思った。

なぜ 私の母は

その「ささやかなもの」を愛さなかったろう?


「ママはね、今度フランスに行くの。
今度船で世界一周をするの。
今度こういう活動をして、こういう功績を立てて、立派にやってるの。
すごい活動をしているの。
いつも女優並みに忙しいスケジュールなの。」

いつもいつも、

彼女は何の脅迫観念に追われているのだろう?

th_R0013429.jpg
太伯 at 御簾前

ママ、大丈夫だよ。
青い鳥は外の世界のどこかにいるんじゃない。
おうちにいるよ。
圭子、青い鳥がどこにいるか知ってる。
こっちだよ。
おうちで皆で、家族そろってごはん食べよう。

小さい頃私が
心が張り裂けそうに叫んでいたそのメッセージも、
ずっと届かず、
母はいつも外の世界を目指している。
でも、幸福とは、ささやかなもので。。。

そのささやかなものを愛するものが

本当の幸福を掴むよ。

th_R0013430.jpg
太伯 at 御簾前振り替え美人

横須賀だけが素晴らしいのではなく、

誰が住むどの小さな町にも、
神様が作った素晴らしい朝日と
なんでもない詩の様なワンシーンがある。

私はそれを日本の子供達に継承して行くんだ、と決意を新たに思った。

th_R0013478.jpg


という訳で引っ越しで長らくお休みしていたブログを
また書き始めたいと思います。

横須賀の齋藤圭子&太伯をよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
ただで泣いて終わらないぜ!

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

お買い物列伝:マッチ売って下さい

マッチ売って下さい。

マッチありませんか。

e0122016_622899.jpg

マッチ売りの少女ならず
マッチ買いの少女のように、
方々のコンビニやスーパーを見てみたけれど、
最近普通には売ってないものです、マッチ。

th_R0013572.jpg

今 畳と障子とふすまのある家に住んで、
好みのライフスタイルを満喫している齋藤圭子。

蚊やり豚ちゃんで
蚊取り線香に火をつける時
マッチが欲しいと思って新居用に探していました。

2年前にタバコを止めた時、
もう一生、ライターは買いたいくない、
ライターを買っていた自分と決別したい、と思いました。

images_20120827213005.jpg

ライターって便利ですよね。
あとチャッカマンてお母さんの必需品?みたいな。

子供が花火に火をつける時も
お仏壇やお線香に火をつけるにも 何かと便利。
でも私は学生時代バーでアルバイトしていた時
お客さん達が置いていってゴミとなって毎日捨てられる大量のライターを見た時
やっぱりもしこれがそのまま海に捨てられた時
海の生物に良い訳がない
山の生物に良い訳がない
この何百年も土に還らない大量のプラスチックのかたまりたちが
私が食べたい清らかな水で作られたお豆腐や日本酒に
良い影響を及ぼすはずががない としみじみ感じた。

th_R0013574.jpg

で、マッチですよ。
横浜駅周辺のコンビニやスーパーで聞いても
売っていなかったのに
横須賀のタバコ屋さんには売っていた。
さすが私の街、横須賀♡

でももっと素敵なパッケージがいいな、と
タバコ屋さんを見つけるたびに
「マッチありませんか」
「マッチ売って下さい」と
探しまくっていたら、

ありました。

th_R0013590.jpg

横須賀中央駅前のこのタバコ屋さんに、
思い描いていたマッチが。

th_R0013577.jpg

ババン。

パッケージのフォントをリニューアルする金も手間暇も
惜しまれただろうがために
現在も生産当初のデザインを保つこのマッチくん!

th_R0013578.jpg

蚊遣り豚ちゃんと並べてみても、うん。可愛い。
これこれ、おばあちゃんちで見た様な、こういうマッチが欲しかったの。

th_R0013581.jpg

燐寸て漢字も、最近 印刷されているの見ませんね。
「燐」が付いている「寸先」だよ。なんて可愛い漢字だ。



th_R0013579.jpg


点線に沿ってちぎって開けると、
まあ取りにくい。
この「形状も一切改善せずに長年来てますぜ」感。


日本農林工業株式会社さん、
リアルに昭和30年代頃に製造された初期モデルのまま
今も製造されているのではないでしょうか。

でもいいの。
お浴衣のお寝間着着て、
蚊遣り豚ちゃんにお線香をセットして
紙箱から丁寧に取り出して
このマッチでシュッ。

th_R0013582.jpg

お線香は
私は通販生活でしか買えない
防虫菊から作られた「夏の香」ですが
世間的にナチュラリストに普及しているのは
「かえる印のナチュラル蚊取り線香」ちゃんらしいですよね。
あと「夕顔」という商品名の天然お線香も有名な上に、
この防虫菊のお線香3種、パッケージが違うだけで
もともと工場は同じという噂もあり、
『暮らしの手帳』で私が実験していいなら、
今流通している天然防虫菊のお線香全種、品比べしてみたいものだ。

でも横須賀駅前のタバコ屋のおっちゃんも
「え?マッチ?これ3つしか無い。
これが売り切れたら、もう仕入れないかなあ。。だって売れないもん。」
との事だった。

そんな、おっちゃん。
私、マッチを買い支えないと。
皆さんもマッチ派になって、
青い海や日本の名水を満喫して欲しいな。

th_R0013587.jpg

はい太伯さん、シメの一言を。

太伯「キンチョーの夏。日本の夏。」


今日も横須賀の夏が暮れてゆきます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
関連記事
最近のにっき
更新した日
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
にっきのまとめ
過去のにっき
twitter
RSSとかそういうやつ
ブロ友って何か知らないけど

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。