スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の神様

今日の神様 <求名のふたりの天使>

index_20110508113903.jpg

用事があって千葉の「求名(ぐみょう)」という駅に初めて行った。
つい最近まで無人駅だった様な土地。
線路の目の前がずっと田んぼ。

そんな駅に降り立ち、
目的地の大型ホームセンターを探してキョロキョロしていると、
「どちらに行かれるんですか?」と
青年が声をかけてくれたので、驚いた。

私から「道を教えて下さい」と話しかけていないのに、
キョロキョロしているだけで 声をかけてくれるなんて。

index_20110508113959.jpg

ジーンズにバックパックを背負った、
ふつーの若者だよ。
ご親切な方だなあ、と感動した。

近くには城西国際大学があるから、
そこの学生さんかな、いい青年だなあと思っていると、
「あ、ホームセンターですね。これはこう行って。。。」と
とても丁寧に説明しようとしてくれたので
私「あ、ここまで分かればもう大丈夫です。タクシーで行きますので。(^^)」

お礼を言って分かれた。

index_20110508114149.jpg

その親切心に、にごりがないのがすごいな、と思ったんだよね。
親切にしすぎると気持ち悪いと思われないかな、とか
ナンパだと勘違いされないかな、とか
都心にいると親切もおちおち出来ない邪念がいっぱいだけれど、
そういうにごりがない、朴直な風太だったから気持ちよくて、
その親切に驚いた自分の汚れ具合を思った。

images_20110508114749.jpg

ホームセンターで目的の芍薬の苗を買った後、
帰りはタクシーを使わず
田舎道を散歩しよう、と求名駅までテクテク戻った。

ところが迷ってしまって行けども着かず、
田舎なので皆車で移動していて、道を聞く人も歩いていなくて 
お店とかも無くひたすら田んぼ。

ようやく歩いている青年を見つけ、
私「すみません。求名駅はどう行けば。。。」と訪ねると、

青年「あ、こっちですよ。僕も駅方面に行くから、案内します。」
と学級委員長のような明朗さで答えてくれた。

私「すみません。ありがとうございます。」

images_20110508114947.jpg

通り雨がパラパラッと降ってきたが、
青年は田んぼ沿いの桜の木の下にさりげなく
私を誘導してくれて、自分は濡れそぼって歩く。

私「城西大学の学生さんですか?」

と聞くと、

青年「いえ、違いますけど、地元の者です。」

私「来た時も、朝、若い学生さんに道案内をしていただいて。。。
城西大学の学生さんは皆ご親切なのかしらと思っていました。」

青年は嬉しそうに笑って、
「求名の人は、みんな優しいですよ。」と誇らしげに言った。

青年があまりに自然に言うので、

本当にそうですね
(^^)、と思って
私もニコッと笑った。

images_20110508115409.jpg

彼も、ヘッドフォンにフードパーカーを着ているような、
普通のおしゃれな若者。
それでこんなに人を助ける姿勢が自然で。
今日は良い日だなあ、求名の人は本当に良い人だなあと思った。

私「求名という地名は、お珍しいですね。」

青年「そうですね。全国でも、
読めない地名トップ10とからしいですよ。
友達からも、正しく読んでもらった試しがないです。」

images_20110508115607.jpg

私「何か、お寺や神社に由来するお名前なのかな、と思いました。
如来の名を求める、という様な。。。」

青年「ああ、由来ですか。どうでしょう。
ここで生まれ育っていますけど、考えた事もありません(笑)。」

桜の木からパラつく小雨を頬にあびながら、
それでいい、と思った。 それが、いい。

私は室礼を習っているが
先生である山本三千子先生をもって、
私はこの方に、一生ついて行こう、と思った契機がある。

index_20110508115710.jpg images_20110508115755.jpg

images_20110508115844.jpg

室礼とは、季節毎の床の間飾りや棚飾りの事。五行のよる年中行事の意味と継承を学ぶ。

ある日山本先生は言った。

「私たちはこうやってお勉強していますけれど、
地方のお母様方やおばあちゃま達が、
意味も理由も存じなくとも年々と続けている床の間飾りを見ると、
ああ、この方達には適わない、と思いますね。」

私は以前から山本先生が大好きだったが、
(今も、あらゆる日本文化系の先生の中で、一番尊敬している)
この時私は、ああ、この方は本物だ、と思った。
それが分かっているから、この方は本当に本物だ、と。

images_20110508120308.jpg

地方の田舎の旧家の床の間飾りは、
誰もその意味と理由を分析しないから、本物で有り続ける。
求名の地名の由来は、分析されないから、彼は本物の地元民だった。

漫画がなぜ面白いのか、
日本人からは問われないから漫画は面白い様に。

大衆文化という名の幸福。

それは掴もうとしてもゼリーのように逃げてしまう。
本質をとらえられるのは「詩」だけだ。

index_20110508120421.jpg

駅について、
青年は「ほら、あそこが駅ですよ。」とほがらかに指をさしてくれた。
お礼を言って別れる。

1人駅への歩道橋を上がって思った。

神様は素晴らしいなあ。 

ホームセンターへの行き道と帰り道 両方に、
二人の天使を私の前に表してくれるなんて。

天使に会っちゃった♪


 
images_20110508121231.jpg

帰りの電車を待つ間、
ホームから見える田んぼの早稲が、とてもきれいだった。


ヤクザ話し後編はまたいずれ!
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

インスピレーション

なにかを言葉にする前に自分に聞いてみてください。
その言葉には優しさ、必要性、真実があるのか。
そして、静けさより価値があるのか。



ーーサイババーー

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
関連記事

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

ブータン女性から日本への作文

国際交流プログラムで日本にやってきて、
とある日本の家庭に短期滞在したブータンの女性が書いた作文です。
日本語訳版。
  index_20110509212213.jpg images_20110509211352.jpg     index_20110509212226.jpg

「日本の家庭に滞在し、
私がこれまで経験した中で、最も幸せな時間を過ごしました。
まるで私の両親に会ったようでした。
日本人の人達は本当に暖かくもてなしてくれて、
誰にでも親切なのだと思いました。
私達のように、

そのような敬意に値しない人達にも敬意を払って下さいました。
何もかもがきちんと準備されていて、とても清潔に保たれており、
本当に素晴らしいと思いました。

images_20110509212050.jpg  

困ったことなどはありませんでしたが、
ただ一つ、
私がホストファミリーに何ひとつ
満足させてあげるようなことがで
きなかったことが残念です。
不安に思ったことは、私が滞在中、
日本の文化や習慣にそぐわないことをしてしまったのではないかということです。
もしそうであれば、
私の親愛なるホストファミリーに申し訳ないことをしてしまったと思っています。

images_20110509211849.jpg
 

できればもっと日本の文化や言葉について学びたいと思いました。
それから、食べ物がブータンと本当に違うので、
日本の様々な食べ物にもっとトライしたいと思いました。

images_20110509211938.jpg
 
日本人は、この神聖な地球に生まれてくるのにふさわしい人種だと感じています。
自分はどういう存在であり、
人としてどうするべきかわかっています。
これからの人生もこのまま進んで欲しいと思います。
私にとても親切にしていただき、
また近くでHI!
と言える日が来ることを願っています。
その時に改めて私たちの縁を感じることと思います。

HI ! は言いやすいですが、GOODBYE は難しいです。」 



ブータンに限らず、
アメリカ人でも韓国人でもモロッコ人でも
外国人が、日本に感謝します、と綴ってくれた文章て、皆とてもキュート。
 
でもこの作文は、
ブータンならではの謙虚さや控えめさが
繊細で、
日本人の私たちに共感しやすい
特丸のホームステイ感想文でした。
 
「HI は言いやすいですが、GOODBYE は難しいです。」
 
本当だね。
国際交流をしているとこういう想いが、世界中の国に広がって行く。
友だちがいる国、全てに。

ブッシュにこんな国際体験があったら、戦争なんか起こるはずがないのに。
そう確信できる程、強く。
 
「日本人は地球に生まれてくるのにふさわしい人種」ーーー
ブータンではこういう言い回しを普通にするのかも知れないし
恐縮する事もない慣例句かもしれない。
でも謙虚さを保ちながらも、本当にそうだな、って思うの。
 
今回の震災の対応で、
日本人のそのマナーの良さ、規律性、育ちの良さ、って
本当に世界から
「地球にふさわしい人種」と思われている。
そんな国って、本当にすごいと思う。
 
国際交流をしているとこうやって、自分の国も、
大好きになっていく。

ありがたい。ありがとう。


にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
関連記事

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

最近のにっき
更新した日
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
にっきのまとめ
過去のにっき
twitter
RSSとかそういうやつ
ブロ友って何か知らないけど

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。