スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きな職場-1

写真は2ヶ月前、

私が勤めている国際交流協会が
地元の市民フェスティバルにブース出展した時のもの。

th_R0010125.jpg
 
上司の渡辺さん「齋藤さん。市民の皆さんに、
国際ボランティアについてもっと知ってもらうために、
ブース出店するのね。でさ。
太伯くん、その日出勤できないかな。」

私:「いいですね。人寄せパンダに使いましょう。」

というわけで、考えました。

th_R0010118.jpg

 作りました。

th_R0010119_20110103224549.jpg

 着せました。

th_R0010123.jpg
             人寄せパンダ。

太伯:「いらっしゃいませー。」

th_R0010124.jpg

太伯:「国際ボランティア安いよー。」 ←安くはありません

今日は、大好きな職場の話しをします。


th_R0010121.jpg
           同僚のみなさん。
「外国人市民に、日本語を教えて下さるボランティアさんを随時募集していまーす。」


今まではマスコミが本業で、
プライベートのライフワークとして国際ボランティアをしてきた齋藤圭子。

でも
18歳でアメリカから帰ってきてから20年近く、
ずっと国際ボランティア活動ばかりやって来たのに、

どうしてこれを、真面目に職にしようって、
今まで思わなかったんだろう。

そのくらいしっくり来て、
呼吸が楽に出来る職種でした。

th_R0010126.jpg
お隣のブースからアイスの差し入れをもらって、喜ぶ大塚さん。

これからは国際貢献を本業として、
プライベートのライフワークとしてマンガをやって行こう。
そう、自分の道が見えてきた気がする。

うつ病が直って、インドから帰って来て、

放送作家には戻らず、地元の国際交流協会で働きたい、
そう思って協会のHPを調べてみた時、
ちょうど求人募集が、昨日で終わっていた所だった。


th_R0010127.jpg
          営業中の太伯部長と小島さん

私はダメ元で電話をしてみて、
「長年そちらでボランティア活動をしていた者です。
ぜひ、協会で働きたいのですが、
次回の求人募集は、いつ位にあるものでしょうか。。。?」
と伺ったら、

「市の外郭団体ですので、
求人は滅多に無いんですよねえ。。。」
と言われた。

その電話に出たのが、事務局長補佐の増岡さんだった。

th_R0010155.jpg

都内まで通えば、
今まで出入りしていたJICAや国連、内閣府、
外務省などに空きポストがあるけれど、
齋藤圭子は今現在でも、
満員電車で毎日通勤したら、
うつ病が再発しそうで
ちょっと怖い。
絶対再発したくないのでどうしても、地元で仕事を探していた。

th_R0010144.jpg
  いつもは協会本部で行っている、外国人無料法律相談の特設会場。

私は電話を切った後、5分くらい考えて、
思いきってもう一度電話をかけた。

さっき電話に出た増岡さんがもう一回出て、
「ああ、先ほどの方ですか?」

私「あの、大変恐縮なのですが、
今回募集は締め切られたという事で、採用は結構なのですけれども、
ダメ元で、ぜひ、面接だけでもしていただけないでしょうか?」

th_R0010146.jpg
    法律相談にのるチリ人職員、タニアさんと弁護士さん。

増岡さんは、
「ああ。。。いや実は、僕も先ほどあなたとお話して、
会ってみたいなーと思っていたのですよね。。。」

という訳で、翌日、
常務理事、事務局長補佐、ともども、面接していただいた。
そして結局、採用していただいたのだった。

th_R0010141.jpg
  ガールスカウトの女の子と太伯

私はその事にすごく感謝していて、
働き始めてからもよく、
「本当にあの時、
募集が締め切られていたのに
面接に来ていいよって言っていただいて、感謝しています。」
とお伝えしているのだけれど、

「え、なんで?良い人材を取るほうが、
団体にとって有益なのだから、当然じゃない。」
と、本当にあまり関知していなさそうに語られる。

でも私はずっとずっと、いつもいつも、
職場の皆に感謝している。

th_R0010129.jpg

ある日職場の皆と飲み会があって、
たまたまテーブルで、増岡さんと二人になった。

そこは駅前の外人バーで(千葉にもあるんですよ)、
オープンエアのテラス席で風が気持ち良い。
経営者のオーストラリア人ブレット君は前から友達で、
気心も知れて、美味しいお酒を出してくれる。

私は気持ち良くなって、
お酒を飲んでかなり酔っぱらっていたのもあって、
思いきって増岡さんに言った。

th_R0010133.jpg
        民族衣装を着てみる市民の皆さん

私:「あの。これを言って、
クビになっても構わないのですけれど。」

増岡さん:「へ?」

私:「面接の時に、言わなかったのですけれど、
放送作家をなんで辞めたかというと、
ちょっとヘビーなうつ病だったからなんです。」

増岡:「ああ。知ってたよ。」

私:「へ?!」

増岡:「一応人を採用する立場だからね。
人となりは調べるし。
でも今直っているなら良いし、
優秀だと思ったから、採用しただけだよ。」

私:「。。。。。。」(ぽかーん)
 
th_R0010136.jpg
   ブラジル&日本の男の子、太伯、白バイのおまわりさん。

私「。。。いや、自分では、隠すつもりはないですし、
むしろネタにしている位で早く言いたかったのですけれど、
キチンとした職場だから、
社会常識的には言わない方が良いんだろうなあ。。。と思って、
黙っていたのですけれど。。。」

増岡さん「そうそう。なんか、
ブログにそういう事書いていたでしょう。それで知った。」

私:「。。。。。」(ぽかーん)

増岡:「気にしなくていいよ。実際今、良くやってくれてるんだし。」

私:「。。。ありがとうございます。」

本気でちょっと、涙がちびった。
知っててその上で、採用してくれたんだ、と思って。

日本に今100万人いるとか言われているうつ病患者の中で、
こんなに良い上司に恵まれる可能性は何パーセントだろう。

th_R0010130.jpg  
奥樣「まあ、国際ボランティア犬ですって。」奥様「まあ。」奥様「まあ。」

本当を言うと、私は前は、あまり千葉が好きではなかった。

生まれ故郷の横須賀が大好きで、
いつか横須賀に帰るんだ、
千葉なんて、文化の香りがないし、と思ってきた。

でも協会で働き始めて、
この街の外国人と日本人の共生を考えるにつれ、

だんだんと、見えなかった風景が、見えて来てしまう。

th_R0010151.jpg

こうやって市民フェスティバルに参加して

沢山の人に太伯を可愛がってもらったり、

images_20110104011841.jpg

夏はお祭りに参加して、
外国人の皆と浴衣で盆踊りを踊ったり、

images_20110104012321.jpg

ビルの掃除のおばさんと毎日
笑顔で挨拶をしているたびに、

だんだんと、皆に支えられている事に、気付いてしまう。

th_R0010125.jpg

人の優しさを知って

だんだんと

私も優しくなってしまう。

th_R0010011.jpg

他のどこでも無い、今いる場所を、愛し始めて。


だんだんと


私は、大人になってしまう。




  にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ
太伯を呼んでくれた上司渡辺さんは大の動物好き。
協会のブログを書いてくれました。
このリンク先の文章は、私が書いたのではありません。渡辺さんが書いてくれました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

インスピレーション


「超一流の、
普通の人になるのが夢です。」



by 自由人 from 「絶対、大丈夫!しあわせを呼ぶブログ」



ええ言葉や。
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ
ついすぐもっと有名になろうとする、
私はいつも、この言葉を心に置こう。

関連記事

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

お金の90日ワークー1日目

お金の勉強をするのが最近のマイブームです。

images82.jpg

以前「豊かさの法則40日瞑想」というのに挑戦していたオイラですが、
一日でも続かない日があったら最初から
40日間やり直しというものらしく、
もう挫折して5回目です。

index_20110112233337.jpg
ちょこっと仕事に追われて夜12時を過ぎた時の落胆よ。。。

私は負けず嫌いなので絶対40日をいつかやりとげますが、
諸事情でいま激多忙で、
たぶん4月までは連続では無理だと踏み、サックリ他に浮気を。

私が大好きな本田健さんの
『90日で幸せな小金持ちになるワークブック』
ってーのに手を出してみようかと。

images_20110112233338.jpg

この人も怪しいのと紙一重なのかな。成功者らしいのに
何でHPがあんなに気持ち悪いんだろ、とは私は思うんだけど。


毎日続けなくてはマスト、というものではないらしいし、
間隔が空いても人それぞれみたいなのでレッツやってみよう。

ーーー本田さんからの1日目の宿題ーーー

「今までお金について真剣に考えた事がありますか?
今日は、お金について、一歩踏み込んで考えてみましょう。
あなたが普段お金について考えていることを、書き出してみて下さい。」
 
↓以下 私の書き出し↓

お金があったら、使う事ばかり考えている。
 
まずコミックスタジオ(PCでマンガを描くソフト)を習いに行って
イラストレータとフォトショップを買って
マックブックを新しくして
PC環境を整えて
ノマドスタイルで漫画を書いて
出版社にオンライン入校していつでも世界を旅出来るようにして
 
お習字をならって
室礼三千と小笠原の最後のお免状をとって
自然華道と自然茶道と香道のお稽古もスタートして
表千家茶道と古流華道ももっと深めて
将来日本の子供達にマンガで伝えられるようにして
 
数々の伝統工芸品を、
自分好みにプロデュースして職人さんに作ってもらって

お姉ちゃんの神秘ヨガクラスを受講して
神様の勉強をもっと深めて

外貨預金の利率で日本の家賃が一生払えるよう運用して
 
太伯をしつけ教室に出して
また太伯と旅行して まずバリに 中国に イギリスに
そして四国のお遍路さんに
 
images_20110112234221.jpg

延々と この欲望の羅列が止まらない。
私がお金さんだったら、「この人の所に行っても
すぐ通過して使われるだけで行き慨が無い」と思われるかな。

もっとお金さんをウェルカムして
お金それ自体を愛して
暖かく包んで抱きしめて優しく育てるという主観を育んだ方が
きっともっと私も幸せかな。

お金も私も、神様からのパワーという点で同じものなのだもんね。

1日目、終わり。

images_20110112234333.jpg

こんなん赤裸々に書いている人いるのかな。

ネタとしてはアリか。

時々、続きます。




 
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ
関連記事
最近のにっき
更新した日
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
にっきのまとめ
過去のにっき
twitter
RSSとかそういうやつ
ブロ友って何か知らないけど

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。