スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界を股にかける人類学者は今

10年来の友がいる。

内閣府国際青年育成事業で、
モロッコ派遣団として一ヶ月を共に過ごした夏子。

index_20110405004715.jpg

彼女は測定不可能なほど偏差値が高く
私たちを代表して皇太子妃両殿下の前で
「内閣府派遣団行ってきます」のスピーチをした。
その後は天皇陛下からの奨学金を得てハワイ大へ留学し
人類学者として助教授を兼任し
日本人学者が出たくても出れない世界的学会で
論文を発表したりしている。

彼女はトンガ王国及びポリネシア地域をフィールドワークに選び
普通の研究者は踏み入れない様な奥地へ入り込み
トンガ人と一緒に暮らし、同じ物を食べ、同目線で彼らと親和する。
今やトンガに夫が50人、兄妹が100人、家族が1000人いるそうだ。

アカデミックの世界に居ながらも
彼女は人の心の襞や、文学や情感を忘れない。
希有な学者である。

index_20110405005018.jpg

トンガの真下ニュージーランドにも研究でたびたび訪れる彼女。
つい最近も、
クライストチャーチの傷跡残る彼の地から
「ティムタムのストロベリー味があったよ!」
なんて、お茶目なレポートをしてくれる。
ティムタムとは、オーストラリアのお菓子で、
なんかジャンクフードの中では、
割と高級ラインだそうだ。

index_20110405005216.jpg

私は青春時代をアメリカで過ごしたので
good dayをグッダイと発音するような
田舎くさい国のお菓子は知らない。
でも英語で世界的論文を執筆しながらも
嬉しそうに
そんな事を報告する夏子を微笑ましく思ったものだ。

そんな彼女だから、西洋人学者が踏み入れない領域まで
トンガの人々に受け入れてもらえるのではないかと思った。
 
th_R0011489.jpg

そんな彼女から、手紙が届いた。

え?

不吉な予感がした。
なんだろう。震災直後で不安定なこの時期に。
 
th_R0011499.jpg

地震直後のニュージーランドに行き、
帰国した日に東日本大震災にあった彼女。
以前もトンガで津波被害とニアミスだったと言うし。。。

また どこか海外に行っていたのだろうか。

お願いだから無事でいてくれ。

そう思って小包の封を開けてみると

th_R0011493.jpg

ティムタムが入っていた。


。。。わざわざ送ってくれてありがとう。。。

あとニュージーランドの虫除けクリーム。

「圭子、ジャンクフード好きだと思って!♡」by 夏子。

世界を股にかけ、
行く先々で災害とニアミスしながらも上手く交わし、
生き延びる人類学者、夏子よ。

th_R0011494.jpg

ティムタムのいちご味は美味しく頂いた。。。

th_R0011496.jpg

太伯も欲しそうだった。。。

th_R0011497.jpg

うばわれる1秒前。



夏子のハワイからの土産はホットケーキミックスだった。
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
一度私の美食家ぶりを奴に小1時間程教えないといけない。
スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

友への誕生日カード

 京大博士である親友夏子が誕生日なので、
誕生日カードを送ろうと思って段ボールを用意しました。

images_20130710064205.jpeg 

温めていたこのネタを施行する時が来たのだ。
宅急便を受け取った本人が中身を覗くと。。。

th_IMG_0495_20130710050829.jpg 

さすがに!さすがに空箱だけだとさみしいからね!
紙の裏に崇山堂はし本さんのぽち箋を添えます。

th_IMG_0496.jpg 

愛に満ちたメッセージを。

th_IMG_0497_20130710051312.jpg 

「このギャグのためだけに時と手間をかける、
私の愛情を感じてむせび泣いていいよ、夏子。
お誕生日おめでとう、愛してるよ。
平成二十五年七月十三日 圭子」

th_IMG_0499.jpg 

伝票の中身の欄には「友愛」と明記。
ヤマトのお兄さんが軽さにびっくりして、
「中身は?」と言われたので、
「あっ、書類です。。。」とごまかしておいた。

th_IMG_0498_20130710051555.jpg 

これで京都に送ったろ。
夏子喜ぶかなー♪
うっしっしっしっし。。。
(一m一*) 



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

鍵を返す礼儀作法

 京都旅行でお世話になった友人夏子宅の合鍵を、
ポッケに入れたまま横須賀に帰って来てしまいました。

th_IMG_2628.jpg 

夏子ちゃんにメールする。

「夏子へ。
お前は持ってていい、て言ったけど、
オレ達もう別れたんだし、
お前の合鍵いつまでもオレが持ってるのも変だと思う。
オレは正直お前にまだ惚れてる。
でもお前からはもうはっきりふられたんだし、
やっぱケジメ付けるために、郵送で返すな。
オレ達の思い出いっぱいの、605号室の鍵。」


夏子から返信が来る。


「生々しいからやめて。」

th_IMG_2627.jpg 

さて。。。横須賀名物の海軍カレーセットを用意しまして、
鍵を入れる封筒を選ぶ。
彼女は国立民族学博物館外来研究員、比嘉夏子と申しまして、
名字から分かる様に沖縄にルーツを持つ南国美女。
というわけで、沖縄紅型文様の一筆箋にした。

th_IMG_2629.jpg 

一筆したためる。これは万葉集では珍しい、友情を歌った和歌。
しかも作者の たかおかのこうち さんは学者官人だったので、
ここも夏子とかぶって良いではないか。

th_IMG_2630.jpg 

「吾が背子と 二人し居れば 山高み 里には月は 照らずともよし」

私と君と二人で酒を酌み交わし夜中語れば、
月の光が照らなくとも、寂しくはない。。。

秋にお世話になった親友に贈るにはぴったりの一首だ。

インクはドイツ製、すずらんの香りのグリーンを、ガラスペンで書いた。
鍵のキーホルダーの緑と色を合わせて。

th_IMG_2631.jpg 


th_IMG_2632.jpg 

さて、宅急便の宛名ですが。。。

th_IMG_2634.jpg 

実は今回夏子ちんに、
「圭子は今後もいつ来てもいいけど、太伯はもうだめだよ。」
ときつく言われた。
食事の時太伯が「くれくれ」と鳴くのが、
「私はいいけど隣の人や大家さんに迷惑。」という、
いかにも自分の事より他人の気持ちを優先する夏子らしい正当な理由である。

圭子&太伯「なんだよー!夏子のばかー!お前なんかネギだくー!」

捨て台詞を吐いて京都を後にしてきたが、
本当は夏子ちゃんも犬が大好きなのに、
愛情を素直に表せないだけなのかも知れないね♡と絶対違うであろう仮定の下、
伝票にこう書いてみる。。。

th_IMG_2635.jpg 

これできっと次回も泊めてくれるよ♡

宅急便のお兄さんから
「お荷物のお届けで〜す!
え〜ワンワンハウス。。。比嘉様。。。で、よろしいでしょうか?」
と聞かれた時、プルプル震えながら仕方なくハンコを押す夏子が目に見える様だ。

th_IMG_2637.jpg 

これでカレーと鍵と送ったった。

いやあ、お世話になった方に贈り物をするって、本当に気持ちが良いものですね。

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

最近のにっき
更新した日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
にっきのまとめ
過去のにっき
twitter
RSSとかそういうやつ
ブロ友って何か知らないけど

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。